肩を後ろに反らす簡単ストレッチでバストアップ

バストアップに効果的な、肩を後ろに反らすストレッチをご存じですか?
そもそもバストと肩周辺の筋肉は繋がって関係しあっているので、肩を後ろに反らすことで、体の中心に近い奥の方にある筋肉であるインナーマッスルに刺激が伝わり、リンパの流れを良くするのです。

 

 

その結果、張りのあるバストラインを作ることが出来るのです。
そんな肩を後ろに反らしてバストアップするストレッチのやり方はとても簡単です。

 

 

まず、両脚を肩幅くらいに開き、背筋を伸ばして立ちます。胸を開いて、両手を体の後ろで組み、肩甲骨を内側に引き寄せるように組んだ手を下へと引っ張ります。
更に組んだ手を上げるようにしましょう。このようにすることでインナーマッスルと深層リンパの両方に効くようになるんですね。

 

 

このストレッチをすることで、胸の前面にある扇型の大胸筋が伸ばすことが出来ます。
この筋肉は、腕を肩から前に押し出しており、ストレッチを行うことで、腕から肩にかけてのリンパの流れが良くなり、老廃物なども溜まらなくなるのです。

 

 

また、体の中心には、胸管という太いリンパ管が、左の鎖骨まで伸びており、リンパの流れが良くなれば、全身のリンパ液を吸い上げる力が高くなることで、バストアップはもちろん、上半身の引締め効果もアップするのです。
その為、出産後にバストが小さくなったり、デスクワーク等の事務作業多いという女性は、意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

 

 

なお、美しいバストラインは、自分のサイズにあったブラジャーを選ぶことが欠かせません。
見た目だけで選んでサイズが合っていないと、猫背などになって締め付けてしまい、リンパや血液の流れも悪くなりますので注意しましょう。

 

 

ダイエットとバストアップの両方に成功する一石二鳥の方法!

 

大澤美樹の皮絡リンパで簡単バストアップ(ヒラクアップ)の詳細を見てみる